×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

波を横に滑る「波待ちのポジション」

波を横に滑る

可能な限り、ピークに行きましょう。

混雑していたら、空いている波のピークに行きましょう。

ピークはピークでもちゃんと切れ目のあるポジションからテイクオフしましょう。

テイクオフしても抜けられなければ、スープに捕まるので、

ショルダーの張る波を選びテイクオフしてください。

一人で壁にぶち当たっていて、それでも前に進もうと解決策を探している真のサーファーへ。

波を横に滑る 「サーフィン上達プログラム」の詳細はこちら!

波を横に滑る「目線」

波を横に滑る

目線は、足元、ボードを見るのではなく、

必ず、「行きたい方向」へ向けましょう。

目線を変えるだけで、ボードはそこに行こうとします。

決して下を見ずに、行きたい方向へ目線を定めて、テイクオフ、ライディングしましょう。

友人に、20〜30m先に立っていてもらい、その友人のを目線の先にしてみるのも

よい練習になります。(友人にぶつからないようにしてください)

波を横に滑る「プロの目線を学ぶ」

  
波を横に滑る 波を横に滑る 波を横に滑る

サーフィン上達プログラム

波を横に滑る

サーフィン上達革命

波を横に滑る

CATCH A WAVE

波を横に滑る
【ASPアジアチャンピオン・現役プロサーファー小川直久 監修】DVD2枚組
商品詳細はコチラ

サーフィン上達プログラム

初心者の方を対象に、サーフィンの基本を短期間でマスターしてもらうことを目標にしています。
商品詳細はコチラ

サーフィン上達革命

サーフィンが最短で上達する方法。あなたもこれを読めばセミプロの仲間入り!明日からセミプロと呼ばれたくないですか?
商品詳細はコチラ

CATCH A WAVE

波を横に滑る「うねりからのテイクオフ」

うねりから乗れない・・・

いつものテイクオフから、徐々にうねりからのテイクオフに変えていきましょう。 パドル力も必要ですが、波のピークからテイクオフする練習をしていきましょう。

うねりから乗れると・・・

ここで、圧倒的な余裕が生まれます。うねりから立っているので、次の動作がしやすくなります。立つ前から「次はどうしようかなー!!」とワクワクしてきます。

サーフィンが上達すると、 波を横に滑る と、 それまで知らなかった世界、風景が見えてきます。 そしてサーフィンが、海がいつの間にか一生の趣味、 ライフワークになってしまうかもしれません。 あなたがサーフィンを本気で上達したいと思うのならば、 サーフィンの本質がわからないまま、 年齢や性別、センスや環境を言い訳にして 基本逃げることだけは決してしないで下さい。 (でも、ついつい、サーフボードのせいにしてしまいます・・・本当は自分が原因なのですが。) 自然のリスクに目を背け、 技術レベルを超えるコンディションに踏み込まないようにしてください。 (波のサイズが大きいとき、台風の時、そして海に誰も入っていないときは、何か危険があるのかもしれません。) もしあなたが目の前のリスクを理解し避けることができれば どんなに心からサーフィンを楽しむことができるかを考えてみて下さい。 サーフィンはちょっとしたことを実践するだけで、 ほんの少しのきっかけで大きく飛躍できます。 サーフィンを一番の趣味にしていただければ嬉しいです。

Copyright © 波を横に滑るために必要なアドバイス All rights reserved